• ホーム
  • 市販薬の麻酔薬を買うことはできる?

市販薬の麻酔薬を買うことはできる?

2019年12月05日
困っている男性

麻酔薬というと手術時に使われることが大半です。
もしくは傷の縫合などの処置時に麻酔で痛みを止めておこなうこともあります。

そのような強い麻酔でなくてもいいとしても、市販薬の麻酔薬を一般の人が買うことは出来るでしょうか?原則として市販薬では麻酔薬を取り扱ってはいません。
日本では麻酔薬は医師の処方がないと買うことはできないことになっています。

しかしゼロというわけではなくて、ごく少数ですが市販薬のうち買う事の出来る麻酔薬もあります。

例を挙げるとラナケインという冷たいジェル状の軟膏があります。
局所麻酔剤2%を配合しているので、ぬるとすっとかゆみが消えていきます。

またキシロカインゼリーも皮膚麻酔薬です。
たとえば、脱毛などしたい時に痛みを一時的に止めてくれるので根強い人気があります。

キシロカインはスプレータイプも発売されています。

エドラクリームという局所麻酔薬も市販薬として販売されています。
リドカインとプリロカインという二種類の局所麻酔剤が配合されているので長時間効果が持続します。
こちらも脱毛の時に痛みを抑えてくれる効果があります。
いずれも局所麻酔剤が少量配合されている程度でかゆみや痛みを少し抑えてくれるぐらいです。

普通の薬局やドラッグストアにはほとんどおいてなく、通販ショップに行くと局所麻酔剤の入った軟膏が数種類買えます。
この軟膏もすべて局所麻酔剤がわずかに配合されています。
効能としてはかゆみ、痛み、傷などに一時的に対応してくれる応急処置程度の効能です。

あまり強い麻酔としての効能は期待することはできません。
前述のように、日本では麻酔薬は医師の監視下のもとでないと販売しない原則になっています。

関連記事
衰弱性早漏は加齢や筋力の衰えによってなりやすい

衰弱性早漏は加齢や筋肉の衰えによって発症するとされています。加齢は筋力を低下させるため、射精を抑制する力が弱まることになります。射精を抑制するための筋力が低下すると、絶頂を感じる前に射精してしまいます。男性は年齢を重ねると男性ホルモンの分泌量が減少し、射精管閉鎖筋の筋力が低下します。射精を抑制する筋...

2020年04月15日
早漏におけるパートナーとの付き合い方について

早漏とは、性行為の際にパートナーの女性が性的な満足をしないうちに男性が射精してしまうことです。具体的に、膣の中に挿入して30病間射精を我慢できなかったりする状態のことを言います。早漏に対しての薬品などもあり、早漏治療薬としては、主成分のダポキセチンがセロトニンの分泌を促進させて早漏を抑制したり、ED...

2020年03月14日
早漏防止スプレーってどうなの?

早漏治療薬の種類としては、手軽な早漏防止スプレーが広く使われるようになっています。これは局所麻酔の成分を用いたもので、医療機関でも使われている成分であるために、非常に信頼性の高いものとなっているのが特徴です。これは亀頭に向けて噴射するタイプである為に、直接亀頭に作用させることができます。そのため、即...

2020年02月18日
早漏治療薬に関する知恵袋ではパキシルが効果的とも?

ネット上の知恵袋などで早漏治療薬について相談をすると様々な観点から書き込みがされるのですが、中にはパキシルという薬の副作用を利用した方法などに関するものもあります。パキシルというのは日本ではうつ病やパニック障害に処方をされる薬でSSRIと呼ばれているものです。これらの薬は副作用として射精が遅くなるこ...

2020年01月22日
早漏治療薬は医学的に安全が保証されているショップで

早漏の男性は、色々な方法を試してでも、症状の改善をはかりたいとお考えのことでしょう。ただ、早漏であることをあまり知られたくないという意識も働きますので、できれば自宅で完結できる方法が好ましいといえます。そうなると、やはりインターネット上のショップで手に入る早漏治療薬がお勧めです。インターネットでの購...

2019年12月24日
市販薬であるフェミニーナ軟膏が早漏改善になる!?

フェミニーナ軟膏は、女性のデリケートゾーンのかゆみやかぶれに効果的な成分が入っていて、皮膚炎やしもやけ・あせもの症状にも使うことができる薬です。市販薬ですからドラッグストアなどにおいて販売が行われています。雑菌の発生を抑えたり低刺激でしみないこと、さらにはべたつきなども無いことから、デリケートゾーン...

2019年11月07日
早漏克服の薬ダポキセチンを飲む時間は

ダポキセチンは早漏克服のための薬です。早漏の原因は、性的な興奮状態が絶頂に達するまでにかかる時間が他の人よりも短いことが原因です。これを解決すればよいのです。ダポキセチンは選択性セロトニン再取り込み阻害剤と呼ばれる薬で、抗うつ薬として開発された薬です。セロトニンは脳をリラックスさせる作用がある脳内物...

2019年10月19日
早漏治療薬の種類とダボキセチンについて

ダポキセチンというのはもともとSSRIというセロトニンに関する脳の働きを改善する薬で、うつ病などのために処方されていたものなのですが、副作用として射精が遅くなる症状が多く報告されたことから早漏の改善薬として処方されるようになった薬です。早漏治療薬はSSRIのようにセロトニンに関する働きなどを改善する...

2019年10月04日